山陽新聞デジタル|さんデジ

稲葉さんものまね芸人 ラジオ起用 エフエムつやまで公開生放送

エフエムつやまの公開生放送に初出演したハロー植田さん(中央)=11月21日
エフエムつやまの公開生放送に初出演したハロー植田さん(中央)=11月21日
 人気ロックバンド「B’z」のボーカル稲葉浩志さん(津山市出身)のものまねを特技とする岡山県住みます芸人のハロー植田さん(40)=真庭市出身=が、エフエムつやまの番組「ときめきサタデーIN銀天街」のパーソナリティーに起用された。毎月第1、3土曜日の正午から午後2時まで、市中心部の商店街・銀天街の津山郵便局前(元魚町)で公開生放送している。

 ハロー植田さんは、吉本興業(大阪)が地域を盛り上げるため取り組んでいる「あなたの街に“住みます”プロジェクト」で津山市に移住し、11月から活動。市中心部の商店街店主らでつくる「B’z津山を盛り上げる会」の代表で番組に出演している出口剛三さん(65)が出演を依頼した。

 11月21日に初出演したハロー植田さんは「中学の時、親にライブに連れて行ってもらってから大ファン。かっこよすぎてライブでは毎回感動して涙を流す」などとB’z愛を熱弁。質問に対して、B’zの楽曲にある歌詞で答える持ちネタを披露した。

 ハロー植田さんは「好きなことで地元に恩返しさせてもらえる場をつくってもらえ、うれしい。ラジオ出演だけでなく、B’zと津山の名産を掛け合わせた新しい商品を販売するなどし、津山の活性化に貢献できれば」と話した。

 12月25日の午前11時と午後1時からは、同じ岡山県住みます芸人の江西あきよしさん(40)=岡山市出身=も出演し、津山郵便局前でミニライブショーを予定している。参加自由。

(2020年12月03日 18時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ