山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市 ホストら無償PCR検査 クラスター近隣店舗対象に

岡山市役所
岡山市役所
岡山市 ホストら無償PCR検査 クラスター近隣店舗対象に
 岡山市は2日、市中心部のホストクラブで新型コロナウイルスのクラスター発生が相次いでいるとして、近隣にある同種店舗の全従業員を対象に無償でPCR検査を行うことを明らかにした。今月中旬にも市保健所職員らが店を訪れて実施する方針。

 関係者によると、11月以降に市内で発生したクラスター4件のうち3件がホストクラブで、従業員と客の感染者数は計27人(2日現在)に上る。市保健福祉局は「感染拡大を何とか食い止めないといけない。店側の協力を得て検査を実施したい」としている。

 対象は20店程度を想定している。検査の法的根拠はないため、対象店舗の同意を得た上で検体を採取する。検査数は200人以上を見込んでおり、全員の結果が判明するのは今月下旬の予定。

 この日市が開いた対策本部会議で大森雅夫市長は「市民の不安解消のためにも検査が必要だと判断した。今後の感染状況に応じて実施対象を広げる可能性もある」と述べた。

(2020年12月02日 20時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ