山陽新聞デジタル|さんデジ

新見市の池田市長が辞職願 選挙落選、任期満了待たず提出

池田一二三新見市長
池田一二三新見市長
 11月29日の新見市長選で落選した池田一二三市長(67)が24日の任期満了を待たず、2日付で辞職願を藤沢正則市議会議長に提出した。

 市議会は3日の議会運営委員会で、辞職願を諮る臨時会を7日に開催することを決める予定。臨時会で辞職が同意されれば公職選挙法に基づき、初当選した戎斉氏(64)が8日付で新市長に就任する。任期は2024年12月7日まで。

 池田氏は取材に「市民の負託を受けた新しい市長が決まり、12月定例会(14日開会)は新市長で臨むべきだと思い、身を引くこととした」と述べた。

 市長選は、池田、戎両氏に地域紙発行人の仲田芳人氏(66)を加えた三つどもえの争いとなり、戎氏が約8800票を集めて制した。

(2020年12月02日 17時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ