山陽新聞デジタル|さんデジ

東証のシステム障害、社長辞任 金融庁は業務改善命令

 東京証券取引所の宮原幸一郎社長
 東京証券取引所の宮原幸一郎社長
 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所で10月に発生したシステム障害を巡り、JPXは30日、東証の宮原幸一郎社長(63)の同日付での辞任を発表した。前例のない株式全銘柄の終日売買停止を招いた責任を取る。金融庁は30日、JPXと東証に対し、金融商品取引法に基づく業務改善命令を出し、責任の明確化を求めた。

 宮原氏は現在兼任しているJPX取締役なども30日付で退く。宮原氏の後任の東証社長はJPXの清田瞭最高経営責任者(CEO)が兼務する。JPXは清田氏の月額報酬の50%を4カ月間減額するなどの処分も公表した。

(2020年11月30日 16時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ