山陽新聞デジタル|さんデジ

GoToイート、店が客装い不正 架空実績でポイント狙う

 「Go To イート」をPRする農水省のホームページ
 「Go To イート」をPRする農水省のホームページ
 「Go To イート」のサイト
 「Go To イート」のサイト
 新型コロナ感染拡大で打撃を受けた飲食店の支援策「Go To イート」で、店側が客を装って自店をネット予約し、架空の実績を基にポイントを不正に得ようとしたケースがあることが30日までに、農林水産省への取材で分かった。同省は「悪質な件は警察に相談している」としている。

 「イート」のポイント付与事業は、予約サイトを通じて登録された飲食店を予約し、実際に利用した客に、飲食代に使えるポイントを付与する。店側が客の来店を確認してサイト側に報告するが、店の関係者がこの立場を悪用し、客として自店を複数人分予約した後、利用したと偽って報告したと疑われるケースがあった。

(2020年11月30日 11時59分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ