山陽新聞デジタル|さんデジ

接待伴う店の従業員に集中的検査 岡山市、クラスター相次ぎ方針

岡山市役所
岡山市役所
 岡山市は27日、市内の接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生が相次いでいることを受け、同様の店で働く従業員を対象に集中的な検査を行う方針を固めた。

 クラスター発生を受けたこの日の記者会見で大森雅夫市長は、検査実施を念頭に「感染拡大を防止するため、接待を伴う飲食店の従業員に広くPCR検査などを受けるよう呼び掛けていきたい」と述べた。

 具体的な実施方法や時期などについては、「早急に詰め、コロナ対策本部会議などを開いて決定したい」とした。

(2020年11月27日 20時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ