山陽新聞デジタル|さんデジ

実名報道、情報公開に意義 新聞大会、コロナ禍での役割議論

 神戸市で26日に開かれた新聞大会で、新型コロナウイルスの感染拡大で新聞が直面する課題や役割をテーマに新聞各社の代表が座談会を開いた。医療従事者への差別で家族の実名インタビューによって名誉回復につながったケースや、情報公開の重要性が報告された。

 神戸新聞社の高梨柳太郎社長は「兵庫県内の病院長がコロナに感染し死亡した際、インターネット上で中傷があった。公務災害に認定され、家族の実名インタビューで中傷被害の実態を伝えた。名誉が回復され、励ましのメールも届いた」と紹介し、実名報道の意義を語った。

(2020年11月26日 19時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ