山陽新聞デジタル|さんデジ

大阪市で27日から時短営業要請 北・中央区全域、15日間

 報道陣の取材に応じる吉村洋文大阪府知事(右)と松井一郎大阪市長=24日午後、大阪府庁
 報道陣の取材に応じる吉村洋文大阪府知事(右)と松井一郎大阪市長=24日午後、大阪府庁
 大阪府は24日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、大阪市北区と中央区の接待や酒類提供を伴う飲食店、カラオケ店に27日から12月11日までの15日間、午後9時までの時短営業を要請することを決めた。感染症対策を講じていないバー、ホストクラブといった「夜の街」関連店とカラオケには休業を求める。

 松井一郎大阪市長と吉村洋文知事は会議前に記者会見し、時短要請に応じた店舗に支払う協力金を、国が8割分を負担する最大30万円(1日2万円)に市が独自に20万円を上乗せし、最大50万円とすると表明した。

(2020年11月24日 20時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ