山陽新聞デジタル|さんデジ

水素旅客船の実現へ本格検討 岩谷と関電、万博で運航目指す

 岩谷産業や関西電力などが共同で検討を始める水素旅客船のイメージ
 岩谷産業や関西電力などが共同で検討を始める水素旅客船のイメージ
 岩谷産業や関西電力などが水素を動力源とする船舶の商用化に向けて共同で検討を始めることが24日、分かった。国内では商用化の実例がなく、2025年の大阪・関西万博で旅客船としての運航を目指す。最新鋭の水素船を万博でお披露目する構想は以前からあったが、実現に向けた取り組みを本格化させる。政府が50年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする方針を掲げる中、二酸化炭素(CO2)を排出しない船で脱炭素社会の実現を加速させる。

 産業用水素で国内トップシェアの岩谷が主体となり、関電は充電システムなどを担う。

(2020年11月24日 16時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ