山陽新聞デジタル|さんデジ

中国、月面探査機を打ち上げ 土壌採取し帰還目指す

 無人月面探査機「嫦娥5号」を搭載し打ち上げられる大型ロケット「長征5号遥5」=24日、中国海南省の発射場(新華社=共同)
 無人月面探査機「嫦娥5号」を搭載し打ち上げられる大型ロケット「長征5号遥5」=24日、中国海南省の発射場(新華社=共同)
 【北京共同】新華社電によると、中国は24日、無人月面探査機「嫦娥5号」を打ち上げた。月の土壌を採取して地球に持ち帰ることを目指す。中国は宇宙開発を強化しており、将来は月面での有人探査や基地建設を視野に入れている。

 中国南部の海南省にある発射場から24日午前4時半(日本時間同5時半)、大型ロケット「長征5号遥5」に搭載して打ち上げた。月からの採取物持ち帰りに成功すれば、中国として初となる。

 中国は昨年1月「嫦娥4号」で月の裏側への軟着陸を世界で初めて成功させた。中国当局者は今年9月、月面での無人研究基地の建設や有人探査機の着陸も計画していると明らかにした。

(2020年11月24日 10時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ