山陽新聞デジタル|さんデジ

安倍氏側、800万円を補填か 「桜を見る会」夕食会差額5年分

 衆院本会議後、記者の質問に答える安倍前首相=24日午後、国会
 衆院本会議後、記者の質問に答える安倍前首相=24日午後、国会
 桜を見る会で招待客と話す安倍首相(中央)=2019年4月、東京都内
 桜を見る会で招待客と話す安倍首相(中央)=2019年4月、東京都内
 衆院本会議に出席した安倍前首相(右上)=24日午後
 衆院本会議に出席した安倍前首相(右上)=24日午後
 安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、昨年までの5年間で会場となったホテル側への支払いが参加者から集めた会費だけで賄えなかったとして、安倍氏側が補填した差額分は計約800万円に上る可能性があることが24日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は有権者への金品提供を禁じる公選法や、政治団体の収支の記載を義務付ける政治資金規正法に抵触しないかどうか調べている。

 安倍氏は24日、特捜部が自身の秘書らを任意で事情聴取したことに関し「事務所としては全面的に協力している。それ以上は、今の段階では答えられない」と国会内で記者団に語った。

(2020年11月24日 14時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ