山陽新聞デジタル|さんデジ

「私のことホントに愛してる?」綾瀬はるか&西島秀俊“最強夫婦”再始動 来年3・19公開

『奥様は、取り扱い注意』本ポスタービジュアル(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
『奥様は、取り扱い注意』本ポスタービジュアル(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公開延期が決まっていた、女優の綾瀬はるかと俳優の西島秀俊が“最強夫婦”を演じる映画『奥様は、取り扱い注意』の新公開日が来年3月19日に、決定した。

【貴重写真】10年前…真っ赤なミニワンピで美脚を披露した綾瀬はるか

 2017年に放送されたドラマ版は、実は元スゴ腕の特殊工作員という過去を持つちょっとセレブな専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬)が、人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、過去を隠し結婚。新婚生活を送る中で、主婦たちが抱えるさまざまなトラブルを、正義感の強い菜美が、解決していく、笑いありアクションありの痛快エンタメ作品として描かれた。西島は、公安エリートの身分を隠しながら菜美と結婚した伊佐山勇輝を演じ“最強の夫婦”として注目を集めた。

 映画ではその半年後が舞台。二人は、桜井久実と裕司に名前を変えて、小さな地方都市・珠海市で新しい生活を始めていた。実は半年前、ある出来事がきっかけで菜美は記憶喪失になっていたのだった―。

 新エネルギー源「メタンハイドレード」の発掘に活気づく珠海市は、美しい海を守るため調査基地の建設を反対する“開発反対派”と、市長をはじめとする“推進派”の争いが日に日に激化。さらに新エネルギー源開発の裏で、ロシアと結託した国家レベルの陰謀が潜んでいることが発覚する。

 公開日発表にあわせて、本ポスタービジュアルも解禁。険しい表情で銃を構える裕司(=勇輝)に対し、銃を持ちながらも微かなほほ笑みを浮かべる久実(=菜美)の姿。「私のことホントに愛してる?」というコピーに隠された本意も気になるところだ。

【写真集カット】シャツを脱ぎ…ハワイのビーチで色気を見せる綾瀬はるか
【アップショット】胸元あらわな大胆ドレスの綾瀬はるか
【写真集カット】ベッドに寝そべり…“大人の色気”をみせた綾瀬はるか
【写真】なめらか美肌…綾瀬はるか、入浴ショットを披露
【写真】ドキドキ…“キス顔”を披露した綾瀬はるか

(2020年11月22日 10時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ