山陽新聞デジタル|さんデジ

柔らかな光が後楽園、岡山城彩る 「幻想庭園」…開幕前に試験点灯

幻想的な明かりで彩られた後楽園と岡山城=19日
幻想的な明かりで彩られた後楽園と岡山城=19日
和傘など柔らかな光に包まれた後楽園=19日
和傘など柔らかな光に包まれた後楽園=19日
 岡山市の後楽園と岡山城をライトアップする「秋の幻想庭園」と「秋の烏城灯源郷」が20日に開幕する。19日夕には試験点灯があり、柔らかな光が両会場を彩った。

 後楽園では芝生に並べた和傘や赤く色づいた紅葉などを約500個の照明で浮かび上がらせた。岡山城では天守閣や石垣を照らし、色とりどりのオブジェが幻想的な雰囲気を演出した。

 ライトアップは29日までの午後5時~8時半(入場は8時まで)。新型コロナウイルス対策として会場に消毒液を設置、来場者にマスク着用を呼び掛けるなど感染防止を徹底する。

 期間中、後楽園では沢の池に浮かべた小舟でフルートや三味線などの演奏、岡山城では来年のえと・牛をかたどった備前焼の色付け体験がある。

 幻想庭園は岡山県と後楽園魅力向上委員会が主催し、岡山市と山陽新聞社が共催。烏城灯源郷は岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委員会が主催。

(2020年11月19日 21時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ