山陽新聞デジタル|さんデジ

日本で「こどもの日」といえば5…

 日本で「こどもの日」といえば5月5日だが、あす11月20日も子どもの記念日である。国連が1954年に制定した「世界子どもの日」▼31年前のこの日、すべての子どもに人権を保障する「子どもの権利条約」が国連で採択された。しかし、世界の状況は厳しい。5歳未満の子どもは6秒に1人が亡くなり、6人に1人は極度の貧困状態にある。国連児童基金(ユニセフ)などのデータだが、進行中のコロナ禍でさらに事態悪化が心配される▼日本についても気になるデータが先ごろ公表された。38カ国の子どもの幸福度調査で、医療制度が整った日本は「身体的健康」で1位。ところが「精神的幸福度」はワースト2位だった▼原因について識者からは、いじめや学力偏重、子どもの貧困などを指摘する声がある。筆者が気になったのは、関連調査で子どもを取り巻く社会状況を比べた項目だ。「困った時に頼れる人がいる」と答えた人の割合が、日本は最も低い国の一つだった▼子どものつらさの背景には大人の孤立があるのではないか。考えていたら、きのうの本紙で一般社団法人ぐるーん(岡山市)が動画をつくった記事を見つけた▼子育て中の人や、様子が気になる子どもに声を掛けようと動画は呼び掛ける。名付けて「岡山おせっかいプロジェクト」。そんな地域づくりに賛同したい。

(2020年11月19日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ