山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内で17人コロナ感染 岡山市は最多11人確認

(左から)岡山県庁、岡山市役所、倉敷市役所
(左から)岡山県庁、岡山市役所、倉敷市役所
 岡山県と岡山、倉敷市は15日、新たに計17人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は再陽性を除いて395人となった。

 岡山市が発表したのは、1日の感染確認としては同市で最多となる11人。このうち50代男性自営業者は関節に痛みが出てPCR検査で判明、肺炎の症状があり中等症という。40代男性会社員は発熱があったため検査を受けた。

 ほかは20~50代の男性5人、年代非公表の男性2人、年代、性別非公表の2人で、既に感染が判明した患者の濃厚接触者。

 県は、津山市の2人と備前、高梁市、美咲町の各1人の感染を発表した。このうち津山市と美咲町の計3人は、40~60代のいずれも女性団体職員。13日に感染を公表した60代女性団体職員=津山市=の同僚で、職場で接触した可能性がある23人の検査を行った結果、この3人が陽性だった。

 備前市の1人は市内の学校に通う10代女性で、14日に感染を公表済みの30代女性団体職員の同居家族。高梁市の30代男性会社員は発熱があり、医療機関を受診した。

 倉敷市の発表は市内に住む60代の男性会社員。10日以降、せきや発熱などの症状があり、14日にPCR検査を受けた。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年11月15日 20時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ