山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内 コロナ計13人が感染 県内366人に

(左から)岡山県庁、岡山市役所、倉敷市役所
(左から)岡山県庁、岡山市役所、倉敷市役所
 岡山県と岡山、倉敷市は13日、計13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は再陽性を除き366人となった。

 岡山市は9人。40代男性会社員は発熱などがあり、PCR検査で陽性が判明した。肺炎の症状があり、中等症という。残る8人は軽症か無症状。30代男性会社員と20代無職女性は発熱などの症状があり検査を受けた。20代、40代、50代の男性会社員3人と40代の女性会社員、40代と70代の無職女性2人の計6人は、感染公表済みの患者の濃厚接触者として検査した。

 県の発表のうち、美咲町の70代女性は、12日に感染が公表された県内在住の90代男性と同じ日に町内の高齢者施設を通所利用し、接触があったとしてPCR検査を受けた。県は施設の職員、利用者ら約120人を検査している。津山市に住む団体職員の60代女性は90代男性の別居の親族。

 赤磐市の40代の男性会社員は頭痛などがあり、医療機関を受診した。感染経路は分かっていない。

 倉敷市は自営業の20代男性1人で、10日に感染が公表された市内に住む自営業の女性の濃厚接触者。発熱や味覚障害があり、PCR検査で陽性が判明した。

(2020年11月13日 22時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ