山陽新聞デジタル|さんデジ

声優福山さん福山城PRへ思い 「生まれ故郷に協力したい」 

「一緒に築城400年を祝いたい」と話す福山さん
「一緒に築城400年を祝いたい」と話す福山さん
 2022年の福山城築城400年に向けて城の魅力を発信する「応援サポーター」として活躍する福山市生まれの声優・福山潤さん(41)=東京。これまで、初代福山藩主水野勝成に扮(ふん)しポスターに登場したり、藩の歴史の紹介動画でナレーションを務めてきた。イベントで来福した福山さんに、築城400年への思いを聞いた。

―応援サポーターに就任した理由は。

 お世話になった地域だから、何か自分が協力できることがあればと喜んで引き受けた。

 ―福山との関わりは。

 母の実家が福山市。里帰り出産で1年ほど福山にいた。それから大阪府高槻市に移って、夏休みなど年2回は福山に帰ってきた。トラックの荷台に上って飛び降りたりとやんちゃなことをして、けがしていた。16、17歳までは福山に帰省していた。

 ―福山城の思い出は。

 福山駅のホームから大きい城が見えるのは子どもながらに新鮮で、駅からこんな景色が見えるんだとびっくりした。新幹線を降りたら必ず福山城を眺めた。声優の業界にも城好きはいて、福山生まれと話すと「福山城! 駅のホームから一番きれいに見えるんだよ」と盛り上がったこともあった。

 ―福山藩の歴史を紹介する動画のナレーションも引き受けた。

 もともとぼくはアニメーションの少年役をメインでやってきた。お城や土地の歴史を紹介するには、肝の据わったような声でゆったりと言葉を発しなくてはならないが、声質もあって経験がなかった。福山藩の動画では、音楽や映像に合わせるテンポを含め、いろいろ勉強させてもらった。その後の時代小説の朗読やスポーツニュースのナレーションなどに生かせている。

 ―築城400年の22年は、自身のデビュー25周年に当たる。

 ちょうど重なってくれたのは良い機会。築城400年の活動を25周年の何かに充てられたらと思う。応援キャンペーンにもぜひ、呼んでいただきたい。

 ―築城400年を心待ちにする市民へ。

 22年には、さまざまな記念行事や、改修中の福山城の新たな姿を皆さんと一緒にお祝いできればと思う。

     ◇

 ふくやま・じゅん 1978年11月26日、福山市生まれ。97年に「月刊Asuka」のラジオCMナレーションでデビュー後、数々の作品に出演し、出演アニメ作品数は男性声優で屈指。代表作に「おそ松さん」「キングダム」「コードギアス反逆のルルーシュ」などがある。福山城の応援サポーターには19年11月に就任した。

(2020年11月12日 09時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ