山陽新聞デジタル|さんデジ

「きつい」「楽である」を数値に 主観的運動強度を用いて安全に運動する

 厚生労働省は、2013(平成25)年度から10年間に渡る国民の健康の増進の総合的な推進を図るための...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2020年11月09日 10時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ