山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ感染 岡山県内新たに9人 津山4人、岡山3人、赤磐2人

岡山県庁(左)と岡山市役所
岡山県庁(左)と岡山市役所
 岡山県と岡山市は7日、新たに計9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。津山市4人、岡山市3人、赤磐市2人。県内での感染確認は再陽性を除き331人となった。

 津山市の感染者のうち3人は、6日に感染が公表された70代男性=同市=と同じ高齢者施設に入所する70代女性、同施設の介護従事者の70代男性と60代男性。入所者の70代男性の感染が確認された後、他の入所者、職員計65人にPCR検査を実施して判明した。

 高齢者施設で感染が確認された4人について、社会福祉法人江原恵明会(津山市)は7日までに、運営する軽費老人ホーム「イーエスガーデン」の入所者と職員だと公表した。施設は閉鎖せず、県美作保健所と連携して感染拡大防止に努めるとしている。

 同市のもう1人の感染者は20代男性会社員。

 岡山市はいずれも20代の女性アルバイトと女性会社員のほか、6日に感染が公表された30代無職女性の同居家族で年代や性別は非公表の1人。女性2人の感染経路は不明。

 赤磐市の2人は、いずれも会社員で50代の男女。県外の感染者の濃厚接触者として検査した。3人は10月28日に県内で会食したという。

 ◇

 天満屋(岡山市)は7日、「アルネ・津山」内の津山店(津山市)に勤務している取引先の社員1人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日午後3時ごろから同店を臨時休業した。関係箇所を消毒し、8日は通常通り営業するとしている。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年11月07日 22時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ