山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ感染 岡山県内新たに8人 岡山4人、津山3人、総社1人

岡山県庁(左)と岡山市役所
岡山県庁(左)と岡山市役所
 岡山県と岡山市は6日、新たに計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岡山市4人と津山市3人、総社市1人。いずれも軽症か無症状という。県内での感染確認は再陽性を除き322人となった。

 津山市の70代男性は市内の高齢者施設入所者で、県内の医療機関に入院する前に受けた検査で感染が判明した。県は高齢者施設関係者のPCR検査を進める。

 同市の20代女性は介護従事者で、クラスター(感染者集団)が発生した勝央町の事業所の従業員の同居家族。10月28日から自宅待機し、県は職場での感染はないとみている。同市の80代女性は、11月3日に感染が公表された50代女性=同市=の別居の親族だった。

 総社市の50代女性は会社員で、クラスターが起きたグループホーム「吉備の里」(同市)に勤務し感染が判明した職員の同居家族。

 岡山市は30代無職女性と20代男性会社員のほか、5日に感染が公表された同市の30代男性自営業者の同居家族2人。本人の希望で性別や年代は非公表とした。

 生徒6人の感染が確認され、2日から臨時休校している美作高(津山市)は6日、これまでにPCR検査を受けた生徒、教職員全員が陰性だったと発表した。部活動は同日午後から再開した。授業も9日から始めるが、感染者6人がいた1クラスは17日まで学級閉鎖する。

【新型コロナウイルス 岡山の最新ニュースはこちら】

(2020年11月06日 21時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ