山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内 新たに6人コロナ感染 岡山市5人、津山市1人

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県と岡山市は5日、新たに計6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岡山市の5人と津山市の1人で、いずれも症状は軽いという。県はこれまでに感染していた高齢患者1人が新型コロナが原因で死亡したことも明らかにした。県内での感染確認は再陽性を除いて314人、感染者の死亡は7人目。

 岡山市によると、5人のうち、20代の女性2人は同居家族で医療従事者と無職。市外の患者の濃厚接触者としてPCR検査し、4日に感染が判明した。残る3人は40代男性会社員2人と、30代男性自営業者。発熱や味覚・嗅覚障害などがあり、いずれも4日に陽性が分かった。

 医療従事者について、県精神科医療センター(同市北区鹿田本町)は、同センター職員と公表した。接触した職員や患者を検査しており、診療は縮小せずに続けるとしている。

 県によると、津山市の1人は介護従事者の20代女性で、クラスター(感染者集団)が発生した勝央町の事業所に勤める50代女性の同居家族。PCR検査で一度陰性となったが、その後に発熱などの症状が出て、再検査で陽性が確認された。

 県は、死亡した高齢患者の年代や性別、居住地などは非公表とした。新型コロナが直接の死因となるのは4人目。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年11月05日 20時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ