山陽新聞デジタル|さんデジ

「切り札」オバマ氏と初共演 最後の週末にバイデン氏

 ミシガン州での集会でオバマ氏(左)と「エア肘タッチ」を交わすバイデン候補=31日、フリント(AP=共同)
 ミシガン州での集会でオバマ氏(左)と「エア肘タッチ」を交わすバイデン候補=31日、フリント(AP=共同)
 【フリント、ピッツバーグ共同】11月3日の米大統領選に向け最後の週末となった10月31日、共和党候補トランプ大統領と民主党候補バイデン前副大統領はいずれも激戦州で集会を開いた。トランプ氏は白人労働者票を狙って東部ペンシルベニア州4カ所で集中開催。バイデン氏は国民的人気の高い切り札のオバマ前大統領と初めて共演し、黒人支持の底上げを図った。

 バイデン氏は中西部ミシガン州フリントで、感染防止のためにドライブイン形式で集会。オバマ氏が「トランプは自分のエゴを満たすことばかりだが、ジョー(バイデン氏)はあなたや家族の健康を気に掛けている」と支持を呼び掛けた。

(2020年11月01日 10時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ