山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内最多 31人コロナ感染 26人は勝央、クラスター認定

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は29日、新たに31人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日の感染確認としては過去最多。うち26人は勝央町内の事業所の関係者で、県内8例目のクラスター(感染者集団)と認定された。クラスター以外では同町と美咲町が各2人、鏡野町1人。重症者はいないという。県内での感染確認は再陽性を除いて260人となった。

 県は、これまでに感染していた患者1人が28日、新型コロナで死亡したことも発表。県は「個人の特定につながる」として年代や性別、居住地などを非公表とした。感染者の死亡は県内4人目だが、新型コロナが直接の死因となるのは初めて。

 県はクラスターが起きた事業所名について「調査すべき対象がほぼ把握できている」として非公表とした。27日に感染が判明した津山市の50代女性2人が勤務する職場。28日に同僚の50代男性=勝央町=と50代女性=同市=の感染が分かったことから、従業員計81人に検査を実施。このうち24人が陽性だった。年代や居住地、行動歴などを調べている。同事業所関係の感染者は計28人となり、県内で発生したクラスターとしては最多。50代男性の同居家族2人も感染していた。

 美咲町の2人のうち、1人はクラスターが発生している津山中央病院(津山市)の患者で60代女性。県によると、同病院での感染者は計20人(職員6人、患者14人)となった。もう1人は農業の60代男性。

 鏡野町の1人は28日に感染が分かった20代女性の同居家族で、パートの50代女性だった。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年10月29日 22時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ