山陽新聞デジタル|さんデジ

東京パラで難民選手団結成 最大6選手、日本企業支援

 共同通信のオンライン取材で抱負を語るイレアナ・ロドリゲスさん
 共同通信のオンライン取材で抱負を語るイレアナ・ロドリゲスさん
 東京パラリンピック開幕まで300日となった28日、国際パラリンピック委員会(IPC)が難民選手団の結成を正式に発表した。最大6選手の構成で、パナソニックやアシックスなどIPC協賛社が支援する。

 団長にはキューバから米国に難民として移り、2012年ロンドン大会の競泳女子100メートル平泳ぎで決勝に進出したイレアナ・ロドリゲスさん(35)が就任。今後IPCとともに、基準をクリアした選手の中からメンバーを選定する。

 アシックスは公式ウエアなどを供給し、パナソニックは東京五輪・パラリンピック関連の自社キャンペーンから収益の一部を寄付する。(共同)

(2020年10月28日 17時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ