山陽新聞デジタル|さんデジ

トキ6羽、出雲から佐渡へ移送 放鳥に向け保護センターで訓練

 島根県の出雲市トキ分散飼育センターで飼育されているトキ
 島根県の出雲市トキ分散飼育センターで飼育されているトキ
 島根県の出雲市トキ分散飼育センターは27日、飼育する国の特別天然記念物のトキ6羽を新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターに移送した。例年行っており、今年で9回目。

 6羽のうち4羽は今年4~5月に出雲市で生まれた幼鳥。放鳥して自然の中で暮らせるよう、餌の捕獲などの訓練を佐渡トキ保護センターで受ける。

 他の2羽はつがいで、2011年から出雲市で飼育し、繁殖活動に貢献してきた。9月には出雲生まれの2羽が佐渡市で野外に放鳥された。

 出雲市の飼育センターではこの日、地元の幼稚園児やセンター職員らが「元気でね」とトキが載せられたワゴン車を見送った。

(2020年10月27日 15時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ