山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山城天守閣の階段天井に石綿 健康被害の恐れなし

岡山城天守閣
岡山城天守閣
 岡山市は27日、岡山城天守閣(同市北区丸の内)でアスベスト(石綿)を含む吹き付け材が見つかったと発表した。大気中への飛散や健康被害の恐れはないとして、観光客の立ち入り制限などは行わない。

 市によると、鉄筋コンクリート6階地下1階の建物のうち、5階から地下1階にかけての階段天井(計約60平方メートル)に使用されていた。2021年度から予定している大規模改修の事前調査で発覚した。

 市は念のため、アスベストが飛散しないよう薬剤を上から吹き付けて固める対策を行う。改修工事に合わせて除去する。

 05、12年度にも目視調査していたが、見落としていたという。市観光振興課は「安心して訪問してもらえるよう、対策に万全を期したい」としている。

(2020年10月27日 12時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ