山陽新聞デジタル|さんデジ

ガラエビだしの洋風カレー サンラヴィアン 里庄と岡山で提供

サンラヴィアンが売り出した洋風カレー
サンラヴィアンが売り出した洋風カレー
 洋菓子製造のサンラヴィアン(岡山県里庄町新庄)は、浅口市寄島町産のガラエビを使った洋風カレー「寄島海老(えび)之介カレー ア・ラ・リヨネーズ」を売り出した。

 ルーは、ガラエビのうま味を凝縮しただしをベースに数種類のスパイスを加えた。まろやかな味わいで、スープとしても楽しめる。サフランライスにはフライドオニオンとアーモンドを添え、カリッとした食感や香ばしさを生み出した。

 サンラヴィアンの創業40周年を記念し、地域食材を使った新メニューをと考案。1食800円で、同社直営の「カフェサンラヴィアン」(同所)とグループ企業の「ラトゥリエ ドュ ニニキネ山陽新聞本社店」(岡山市北区柳町)で提供している。

 サンラヴィアンは「濃厚な風味が特徴のガラエビとルーの相性はぴったり。幅広い世代に親しんでもらいたい」としている。

 問い合わせは同社(0865ー64ー4771)。

(2020年10月26日 11時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ