山陽新聞デジタル|さんデジ

K・ジャレットさん、公演困難に ジャズ・ピアニスト、まひが残り

 キース・ジャレットさん(AP=共同)
 キース・ジャレットさん(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】米ジャズ界の巨匠として知られるピアニストのキース・ジャレットさん(75)が、脳卒中のため体の一部にまひが残り、今後公演活動を行うことは難しいとの認識を明らかにした。米紙ニューヨーク・タイムズが21日、ジャレットさんのインタビューを報じた。

 同紙によると、ジャレットさんは2018年に2度にわたり脳卒中を起こし、現在でも左半身の一部がまひしている。ジャレットさんは「つえを使って歩くことはできるが、ここまで長い時間、1年かそれ以上かかった」と話した。

 ジャレットさんは日本でも多数の公演を行っておりファンも多い。

(2020年10月22日 17時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ