山陽新聞デジタル|さんデジ

米、小惑星岩石採取の可能性高い 着陸で画像公開

 小惑星ベンヌに接地する探査機オシリス・レックスの採取装置(上)と、飛び散る岩石(NASA/アリゾナ大提供・共同)
 小惑星ベンヌに接地する探査機オシリス・レックスの採取装置(上)と、飛び散る岩石(NASA/アリゾナ大提供・共同)
 【ワシントン共同】NASAは21日、探査機オシリス・レックスが20日に小惑星ベンヌに着陸した際の画像を公開した。円盤状の採取装置が接地した後、岩石が飛び散っており、チームの責任者は「想像通りにうまくいった。岩石採取に成功した可能性が高い」と話した。

 今後、採取装置を機体のカメラで撮影して岩石が付着したり内部に入ったりしているか確認する。採取量を推計し、目標の60gに達しない場合は、来年1月に新たな場所に着陸する。

 チームによると、機体から伸ばした長さ3m余りのアームの先端にある直径約30cmの採取装置が6秒間、ナイチンゲールクレーターに接地した。

(2020年10月22日 10時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ