山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内過去最多11人が感染 新型コロナ 岡山市はクラスター発生

岡山県庁(左)と岡山市役所
岡山県庁(左)と岡山市役所
 岡山県と岡山市は21日、計11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での1日の感染確認としては過去最多。県は、4人が感染した総社市の高齢者施設に、クラスター(感染者集団)発生に備えた県独自の専門家チームを初めて派遣した。他の感染者は、岡山市で4人、津山市で3人。11人はいずれも無症状か軽症とみられる。

 岡山市は20代男性2人と40代男性、60代女性。4人は同じ事業所に勤務し、既に確認された2人と合わせてこの事業所で6人が感染したことから同市は県内4例目のクラスターが発生したと判断した。取引などで外部と接触がなく、感染拡大の可能性が低いため事業所名を非公表とした。

 総社市はグループホーム「吉備の里」の入所者の70代男性と90代以上の女性2人、介護従事者の20代男性。他の入所者と職員計28人はPCR検査で陰性だった。県が感染を把握した20日深夜以降、医師、看護師らの専門家チームが同施設に入り、感染予防の指導を行った。総社市内での感染確認は初めて。

 津山市は、津山中央病院の入院患者の80代女性、医療従事者の30代男性と40代女性。80代女性は、20日に感染が分かった医療従事者の20代男性の接触者で、今回の医療従事者2人はこの女性の接触者だった。21日夕までに職員と患者計123人の陰性が確認された。

 県内での感染確認は再陽性を除き184人となった。

【新型コロナウイルス 岡山の最新ニュースはこちら】

(2020年10月21日 20時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ