山陽新聞デジタル|さんデジ

福島原発処理水で海洋監視を強化 放出案巡り規制委員長

 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後の処理水の海洋放出案について、原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日の記者会見で「科学的な意味で実行可能な唯一の処分方法だ」と述べた。政府方針が決まれば、放出の約1年前から海洋での放射性物質のモニタリング(監視)を強化する考えを明らかにした。

 更田氏は「事故で損傷した炉心を経てきた水で、(海洋放出に)強い抵抗感があることは認識している」と述べ、風評被害対策として、測定精度を高めた監視を行い、放出前後で放射性物質の濃度に変化があるかどうか説明する必要があるとした。第1原発付近だけでなく、広域での監視を目指すという。

(2020年10月21日 18時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ