山陽新聞デジタル|さんデジ

米候補者討論会にマイク消音導入 22日、発言妨害の防止で

 第1回討論会で激しくやり合うトランプ大統領(左)とバイデン前副大統領=9月、クリーブランド(ロイター=共同)
 第1回討論会で激しくやり合うトランプ大統領(左)とバイデン前副大統領=9月、クリーブランド(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】11月の米大統領選候補者討論会の実行委員会は19日、22日の最後の討論会では、9月の第1回討論会で相次いだような発言妨害を防止するため、冒頭発言中はもう一方の候補のマイクを切る措置を導入すると発表した。米主要メディアが伝えた。第1回では発言妨害や中傷合戦などで「史上最悪」と評された。

 討論会のテーマは新型コロナウイルス、家族、人種、気候変動、国家安全保障、指導力の六つ。9月の第1回討論会の司会を務めたFOXニュースのキャスターは、トランプ氏による発言妨害は145回に上り、圧倒的に多かったと指摘している。

(2020年10月20日 11時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ