山陽新聞デジタル|さんデジ

ロシアが東京五輪サイバー攻撃 ドーピングで大会除外の反発か

 東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場
 東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場
 【ロンドン共同】英政府は19日、今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを標的として、ロシア軍参謀本部情報総局がサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。攻撃の詳細は不明だが、英メディアによると、英政府が攻撃による妨害を阻止した。ロシアはドーピング問題で大会除外処分を受けており、反発して妨害工作を計画した可能性もある。

 英政府によると、東京五輪への攻撃が実施されたのは、五輪延期が決定した3月より前の時点。五輪の主催者や物流業者、スポンサー企業を標的とした偵察行為などがあったとした。ラーブ英外相は「無謀な行為であり、最も強い言葉で非難する」と強調した。

(2020年10月20日 12時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ