山陽新聞デジタル|さんデジ

県知事選、期日前投票1.56倍 前回同時期比、10万7993人

県知事選で期日前投票をする有権者=9日、岡山市役所本庁舎
県知事選で期日前投票をする有権者=9日、岡山市役所本庁舎
岡山県庁
岡山県庁
 岡山県選管は19日、知事選(25日投票)の期日前投票状況をまとめた。告示翌日の9日から18日まで10日間の投票者数は10万7993人。2016年の前回同時期と比べて1・56倍に増えているが、伸び率は開始から4日間を対象にした第1回集計の1・77倍より縮小した。

 30市区町村のうち、真庭市を除く29市区町村で増加した。伸び率のトップは美咲町の3・64倍で、吉備中央町2・70倍、岡山市北区2・57倍と続いた。2倍を上回ったのはこの3区町のみで、第1回集計の8市区町から減少している。投票者数は倉敷市の2万1751人が最も多かった。

 岡山市は中区1・76倍、東区1・61倍、南区1・78倍と、北区を含め4区全てで県全体の伸び率を上回った。知事選では初めて、大型商業施設のイオンモール岡山(同市北区下石井)に市全域の有権者を対象とした期日前投票所が16~18日に開設されたことが一因とみられている。

 期日前投票所は、24日までに期間限定を含め県内106カ所に設けられる。投票時間は一部を除き午前8時半~午後8時。

(2020年10月19日 12時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ