山陽新聞デジタル|さんデジ

姫新線、一時運転見合わせ 中国勝山―新見、線路脇に落石

 19日午前5時20分ごろ、真庭市下岩のJR姫新線刑部―富原間で、新見発中国勝山行き快速列車(2両編成)の運転士が線路脇に落石を見つけ、停車した。石とは接触しなかったが、安全確認などのため、中国勝山―新見間の運転を約3時間見合わせた。乗客2人にけがはなかった。

 JR西日本岡山支社によると、石は2個あり、いずれも直径20センチ程度。線路北側の山の斜面から落ちたとみられる。上下2本が運休・部分運休、下り2本がそれぞれ1時間9分、25分遅れ、約70人に影響した。

(2020年10月19日 06時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ