山陽新聞デジタル|さんデジ

【麒麟がくる】「京~伏魔殿編」見どころは 信長vs義昭の「ピュア対決」

大河ドラマ『麒麟がくる』第27回(10月11日放送)で鎧をつけずに上洛を果たした織田信長(染谷将太) (C)NHK
大河ドラマ『麒麟がくる』第27回(10月11日放送)で鎧をつけずに上洛を果たした織田信長(染谷将太) (C)NHK
 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、きょう18日放送の第28回より、「京~伏魔殿編」がスタート。足利義昭(滝藤賢一)を奉じて上洛を果たした織田信長だが、信長役の染谷将太は「滝藤さん演じる義昭を見て、はるかに恐ろしいピュアさを感じました(笑)」と語っており、「京~伏魔殿編」では、義昭と信長の方向性の異なる“ピュア”対決が見どころになりそうだ。以下、染谷のコメントとともに、見どころを紹介する。

【写真】ヒゲを生やして立派な幕臣ぶりの光秀(長谷川博己)

 桶狭間の戦いの後、美濃をなんとか攻略した信長。かつて斎藤道三がいた稲葉山城に本拠地を移し、「岐阜城」と改める。そして、明智光秀(長谷川博己)の進言どおり、単独で義昭を奉じて上洛を果たした。

 染谷は「上洛した際、演じていて一番感じたのは、光秀への信頼でした。光秀に言われたことをやって悪い思いをしたことがないので、光秀に対して絶大な信頼を置いています。また道三が『大きな世を作る』と言ったことに対して、信長自身も大きな世を作りたいという思いが強まり、さらに上洛によって『大きな世を自分で作る』という大きな野望に向かっていったと思います」と、語る。

 見た目もヒゲを生やすようになり、顔つきに貫禄が出てきた信長。それは心情の変化も伴っている、と染谷は言う。

 「信長は、どんどん力をつけて強くなっていく中で、“全能感”とい いますか、怖いもの知らずになっていきます。戦に勝ってみんなから褒められることがうれしいという点はこれまでと変わりませんが、自分の目標だけに邁進していきます。少し前までは戦で仲間が死んで悲しいという感情もありましたが、今はそういう感情も欠けていっている気がします」

 変わらないなのは、「戦に勝ってみんなから褒められることがうれしい」という点。そんな本作の信長を「僕はずっと『ピュアな人間として演じています』と言い続けてきた」染谷が、「滝藤さん演じる義昭を見て、はるかに恐ろしいピュアさを感じました(笑)」と明かす。

 「京~伏魔殿編」で、信長と義昭の関係性が描かれていく中、「この2人は本当に正反対な考え方を持っています。信長には大きな目標がありますが、それは将軍のそばにいて、幕府を使わないと実現できないと分かっていて、義昭を利用しているという印象が現段階では強い」と染谷。

 両親、特に母親に愛されなかったコンプレックスからは脱し切れずにいる信長。一方、義昭も足利将軍家に生まれながら、慣例により6歳から仏門に入り、武士としての生き方を知らずに生きてきた、というバックボーンを持つ。 

 「(義昭は)戦のためのお金を見ても、『これで何人もの命が救える』と、キラキラした目でおっしゃるので…。信長と義昭のピュアさの方向性は違いますが、義昭は恐ろしいほどピュアな将軍だと思いました」(染谷)。

 信長が上洛したのは、永禄11(1568)年。本能寺の変が起きるのは、このわずか14年後の天正10年6月2日(1582年6月21日)。これまで以上に、光秀を中心に、濃厚な日々が描かれていくことになる。

 染谷は「信長を演じるのはすごく楽しいです。今回の信長は、わかりやすい悪役ではなく、ひとりの人間として丁寧に描かれています。ただ暴走するのではなく、そこにはちゃんと動機があり、過去のトラウマなどのさまざまな力が加わって、信長がどんどん止められない存在になっていきます。最後までちゃんと信長を全うしたいなと思います」と、語っている。

■第28回 あらすじ
 義昭が上洛を果たし、勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃する。光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。先の将軍・義輝暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎)の処分を巡り、織田側と三淵ら奉公衆の意見が割れるが、義昭は信長の意見に従うという。その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門に任せることを認めてほしいと条件をつける。光秀と細川藤孝(眞島秀和)は、幕府を腐らせてきた張本人とも言える摂津の再起用に胸騒ぎを覚える。

【麒麟がくる】筒井順慶役・駿河太郎の剃髪姿、吉田鋼太郎“松永久秀”と敵対
【麒麟がくる】片岡鶴太郎、室町幕府のラスボス“摂津晴門”「眼つきや顔つきに注目して」
芦田愛菜、『麒麟がくる』光秀の娘役で出演 戦国時代を生きた女性像「私の憧れ」
【麒麟がくる】第27回のキーパーソン、陣内孝則が「3ヶ月練習した」長ぜりふに注目
【麒麟がくる】新キャスト続々 第26回は小籔千豊、手塚とおるが初登場

(2020年10月18日 12時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ