山陽新聞デジタル|さんデジ

ジャンプ台を使って跳ぶ高さは5…

 ジャンプ台を使って跳ぶ高さは5メートルにも達する。しかも自転車ごと後方宙返りするのだから見ている方は驚くやら興奮するやら。東京五輪で新採用される自転車BMXフリースタイル・パークの全日本選手権が先月、岡山市であった▼新型コロナウイルス対策を徹底した会場に流れるのはヒップホップ。Tシャツにジーンズの選手たちが技を繰り出すたびにDJが解説して観客を盛り上げた▼音楽やファッションと融合した競技はアーバン(都市型)スポーツと呼ばれる。若者に人気で、大会や専用施設には大きな集客が期待できるため町おこしとしても魅力だという▼鳥取県倉吉市はスポーツクライミング施設を整備した。宇都宮市は国際大会の開催などで3人制バスケットボールの町を発信する。岡山市には全日本フリースタイルBMX連盟が拠点を置く。全日本選手権の開催は初回から4年連続である▼今年の最上位クラスは男子が中村輪夢(りむ)、女子は大池水杜(みなと)両選手がいずれも東京五輪代表の実力を示して圧勝した。来年の本番でもその力を発揮してもらいたい▼2人はともに在学する大学や練習拠点が岡山にある。五輪での活躍は岡山を新種目の「聖地」にするかもしれない。岡山市は自転車先進都市を目指している。競技の普及が地域資源としての自転車を考えるきっかけにもなるといい。

(2020年10月18日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ