山陽新聞デジタル|さんデジ

世界の輸入中古車300台集結 岡山で大商談会、熱心に品定め

欧州や米国など18ブランドの約300台を集めた商談会
欧州や米国など18ブランドの約300台を集めた商談会
輸入中古車を一堂に集めた大商談会
輸入中古車を一堂に集めた大商談会
 世界各国の輸入中古車を一堂に集めた岡山県内最大級の「岡山輸入中古車大商談会」(県輸入自動車販売店協会主催)が17日、岡山市北区大内田のコンベックス岡山で始まった。18日まで。

 協会に加盟するディーラー9社が、ドイツやイタリア、米国など6カ国18ブランドの計約300台を展示販売。100万円未満の小型車から1500万円台の高級車まで多彩な車種がそろい、家族連れらが販売員の説明を聞いたり、運転席に座って乗り心地を試したりして熱心に品定めしていた。

 息子と訪れた主婦(52)=倉敷市=は「珍しい車種もあり、一度にいろいろ見比べられて楽しい。家族で乗る車を探したい」と話した。

 入場無料。18日は午前10時~午後5時。新型コロナウイルスの感染予防のため、来場者にはマスク着用や入り口での検温、連絡先の提供を呼び掛けている。

(2020年10月17日 20時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ