山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、広島県で3人感染 いずれも軽症、県内638人に

広島県庁(左)と広島市役所
広島県庁(左)と広島市役所
 広島県と広島市は15日、計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症。県内の感染確認は638人(再陽性を除く)となった。

 広島市は2人で、うち60代1人は大阪府吹田市で確認された患者の知人。今月上旬、岡山県内に2人で滞在した。もう1人は20代で広島県外への往来はない。

 県発表分は大竹市の10代1人。8日に発熱などし、13日に山口県内の医療機関を受診し、陽性と分かった。同市内の感染確認は初めて。

(2020年10月15日 20時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ