山陽新聞デジタル|さんデジ

「和顔愛語」をご存知ですか 自分と向き合う努力の大切さ

 泌尿器科医として患者さんに気持ちよく「おしっこ」をしてもらうことを考えて30年になります。最近はA...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2020年10月15日 11時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ