山陽新聞デジタル|さんデジ

間寛平さん、岩手・宮古でゴール 震災復興支援マラソン

 「みちのくマラソン」をゴールした間寛平さん(中央)=14日午後、岩手県宮古市
 「みちのくマラソン」をゴールした間寛平さん(中央)=14日午後、岩手県宮古市
 東日本大震災の復興支援を目的に、タレントの間寛平さん(71)が福島、宮城、岩手各県を走る「みちのくマラソン」が14日、最終日を迎え、寛平さんが岩手県宮古市役所にゴールした。寛平さんは「復興が進んでいて素晴らしい。来年も頑張ります」と声を上げた。

 大漁旗を持った市職員たちが出迎える中、マスク姿でゴールテープを切った寛平さんは「復興に向かう中で(新型)コロナで苦労してかわいそうだが、東北の方は辛抱強い。必ずいいことがたくさん起こる」と話した。

 マラソンは2012年に始まり、今年9回目。今月10日に福島県浪江町をスタートし、車での移動を挟みながら各県を訪れた。

(2020年10月14日 15時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ