山陽新聞デジタル|さんデジ

池田動物園にライオン来るぞ 香川から2歳雄、11月公開へ

池田動物園に仲間入りする雄のライオン「チャーリー」(白鳥どうぶつ園提供)
池田動物園に仲間入りする雄のライオン「チャーリー」(白鳥どうぶつ園提供)
 池田動物園(岡山市北区京山)が11月上旬にも新たにライオン1頭を受け入れることが5日、分かった。同園では人気者だったライオンの「モジロー」をはじめ飼育動物の死が続いており、その穴を埋める目玉として同月中の一般公開を計画している。

 白鳥(しろとり)どうぶつ園(東かがわ市)で生まれ飼育されている2歳の雄「チャーリー」(体長約2メートル、体重約200キロ)。同園によると、たてがみはまだ生えそろっておらず、性格は人懐こいという。

 池田動物園では7月、人間の年齢で90歳程度だった雄ライオン「モジロー」が死ぬなど、ここ数年でゾウやトラ、キリンといった高齢の人気動物が次々と天国へ。そんな状況を知った白鳥どうぶつ園が、14頭いるライオンの1頭を無償譲渡したいと申し出た。

 池田動物園では現在、受け入れに向けてモジローがいた獣舎を修繕中。忠政智登士副園長は「ありがたいこと。早く仲間に加わってもらい、みんなに愛される人気者になってほしい」と話している。

(2020年10月06日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ