山陽新聞デジタル|さんデジ

大阪桐蔭が近畿大会出場 履正社に今夏の雪辱果たす

 履正社戦の3回、安打を放つ大阪桐蔭・池田=大阪シティ信金スタ
 履正社戦の3回、安打を放つ大阪桐蔭・池田=大阪シティ信金スタ
 高校野球で来春の選抜大会の出場校選考の重要な資料となる秋季大会は3日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで大阪の準決勝が行われ、甲子園大会で春夏通算8度の優勝を誇る大阪桐蔭が昨夏の全国選手権大会覇者の履正社に8―3で快勝し、上位3校が進む近畿大会出場を決めた。

 4日は大阪桐蔭が決勝で東海大大阪仰星と対戦し、履正社は山田との3位決定戦に臨む。

 今夏の大阪の独自大会で履正社に3―9で敗れた大阪桐蔭は、三回に5者連続安打などで4点を先行し、中盤と終盤にも2点ずつ追加。4番打者で5打数4安打1打点と活躍した池田陵真主将は「素直にうれしい」と実感を込めた。

(2020年10月03日 22時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ