山陽新聞デジタル|さんデジ

大相撲、来年の春巡業を中止 新型コロナで

 日本相撲協会は1日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルスの影響により、来年3月の大相撲春場所後の春巡業を中止することを決めた。

 巡業は力士と観客が身近に交流できるのが魅力の一つで、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「今の(コロナ感染の)状況からして、巡業をオーケーする状況ではない」と話した。今年は全ての巡業が中止になった。

 来年の春場所についてはコロナの状況を注視しながら、予定通りに大阪市のエディオンアリーナ大阪での開催に向けて準備を進める。今年は7月の名古屋場所、11月の九州場所が東京での実施に変更された。

(2020年10月01日 20時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ