山陽新聞デジタル|さんデジ

まつり代替 備前焼感謝祭が開幕 オンラインや店舗で2割引き販売

備前焼感謝祭が始まり、全ての商品を2割引きで販売している伝統産業会館
備前焼感謝祭が始まり、全ての商品を2割引きで販売している伝統産業会館
 新型コロナウイルスの影響で中止となった備前焼まつりの代替イベント「備前焼感謝祭」(実行委主催)が1日、開幕した。インターネット上と備前市内にある県備前焼陶友会会員の店舗などで通常の2割引きで作品を販売する。31日まで。

 インターネットの特設サイトは午前9時に“オープン”。陶友会員の作家や窯元の作品約500点をラインアップした。それぞれ四つのアングルから撮った写真を載せ、作家による説明を添えた。皿や急須といったジャンルや作家別に検索もできる。実行委によると、午後5時までに約千人からアクセスがあり、約50点を販売した。

 備前市伊部地区の販売店にも焼き物ファンらが駆け付けた。約4千点を展示する伝統産業会館(同市伊部)には、通常の平日の1・5倍となる70人ほどが訪れ、茶器やぐい飲みの肌触りや色合いを確かめながら品定めしていた。

 ビアマグを購入した会社員男性(52)=岡山市北区=は「コロナの影響で家飲みが増えた。お酒をおいしく味わえる逸品を見つけられた」と喜んでいた。

 実行委は備前市や陶友会などで構成。特設サイトのアドレスはhttps://bizenyakimatsuri.com/。問い合わせは県備前焼陶友会(0869ー64ー1001)。

(2020年10月01日 22時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ