山陽新聞デジタル|さんデジ

中井広恵女流六段が挑戦者に 倉敷藤花戦、女流棋士最年長で

石本初段を下し、里見倉敷藤花への挑戦権を得た中井六段。女流タイトル戦の最年長挑戦者となる=東京・将棋会館
石本初段を下し、里見倉敷藤花への挑戦権を得た中井六段。女流タイトル戦の最年長挑戦者となる=東京・将棋会館
中井広恵女流六段
中井広恵女流六段
 女性将棋の公式タイトル戦「第28期大山名人杯倉敷藤花戦」の挑戦者決定戦は1日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、後手の中井広恵女流六段(51)が136手で石本さくら女流初段(21)を下し、挑戦権を得た。11月の3番勝負出場時の51歳4カ月は女流タイトル戦挑戦者の最年長となり、17期ぶりの復位を目指し、里見香奈倉敷藤花(28)=清麗、女流名人、女流王位=に挑む。

 中井六段は倉敷藤花位を9~11期に3連覇しており、3番勝負はタイトル保持者として臨んだ2004年以来となる。対局後「年齢的に厳しいと思っていたけどチャンスが来た。強い里見さんといい勝負ができるように、全力でぶつかりたい」と語った。従来のタイトル戦挑戦者の最年長記録は、清水市代女流七段(51)が18年に女流王座戦に挑んだ49歳9カ月だった。

 対局では中井六段が居飛車、石本初段が振り飛車の対抗形に。中井六段は終始手厚い指し回しで、石本初段を追い込んだ。主要タイトルへの初挑戦を逃した石本初段は「まだ実力が足りなかった。この舞台にまた戻って来られるようにチャレンジしたい」と話した。

 3番勝負は11月5日に大阪市の関西将棋会館で第1局、21日に倉敷市芸文館で公開対局の第2局を行い、1勝1敗となった場合は22日に同館で第3局が指される。日本将棋連盟、倉敷市、同市文化振興財団、山陽新聞社主催。

(2020年10月01日 20時59分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ