山陽新聞デジタル|さんデジ

玉ノ井部屋、番付据え置き コロナ集団感染、異例判断

 日本相撲協会の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は30日、東京・両国国技館で開いた大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議で、新型コロナの集団感染により、秋場所を全休した玉ノ井部屋の力士28人について、番付を据え置く異例の判断をしたことを明らかにした。報道陣の電話取材に答えた。

 伊勢ケ浜部長は「休みたくて休んだわけではない。今回はコロナがあったので」と説明した。インフルエンザによる休場は番付に影響するが「インフルエンザは薬もあるし、予防接種も受けられる」と話した。

 玉ノ井部屋の力士は秋場所前に19人、場所中に5人の感染が発表された。

(2020年09月30日 18時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ