山陽新聞デジタル|さんデジ

精いっぱいやって優勝できた 高橋大輔(フィギュアスケート)

2002年3月にノルウェーで開かれたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権で、日本男子で初めてシングルを制した当時翠松高校1年の高橋大輔選手。岡山に戻り、知事特別賞を受けた。知事から表彰状とトロフィーを手渡され大会を振り返った
精いっぱいやって優勝できた 高橋大輔(フィギュアスケート)

スポーツは、一瞬に凝縮された「人生」だ。
苦しくても、諦めない。一度の敗北で、全てが終わるわけじゃない。困難の時にも自らを鍛え、戦い続けるアスリートの姿と言葉に、私たちは勇気づけられる。
「コトバのチカラ」は、あなたとアスリートを応援するサイトです。
一覧へ戻る
“コトバのチカラ”は全国24のメディアとGoogle ニュースイニシアティブの協力で運営しています。

(2020年09月29日 19時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ