山陽新聞デジタル|さんデジ

立皇嗣の礼「感染状況で判断」 加藤官房長官、新型コロナで延期

 加藤勝信官房長官
 加藤勝信官房長官
 加藤勝信官房長官は29日午前の記者会見で、秋篠宮さまが皇位継承順1位になられたことを示す「立皇嗣の礼」の実施時期に関し「経済活動のレベルや新型コロナウイルスの感染状況を踏まえながら検討する」と述べた。政府は11月中旬を軸に調整しており、近く皇位継承に関する式典委員会を開いて日程を決める。

 当初は4月19日に実施する予定だったが、コロナ感染症が流行した影響で延期していた。

(2020年09月29日 11時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ