山陽新聞デジタル|さんデジ

自宅で調理したフグ食べ食中毒に 玉野の80代男性、一時意識混濁

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は28日、玉野市の80代男性が自宅でフグを食べ、食中毒を起こしたと発表した。

 県生活衛生課によると、男性は23日午後4時ごろ、自分で釣ったフグの肝臓をみそ汁に入れて調理。味見したところ、口の中にしびれを感じ、岡山市内の医療機関に救急搬送された。一時は意識混濁が続いたが、現在は快方に向かっているという。

(2020年09月28日 20時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ